黒田官兵衛について

MENU

黒田官兵衛無くして、豊臣秀吉の世は無かった最強軍師

黒田官兵衛といえば、2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が記憶に新しいです。V6の岡田准一さんが官兵衛を演じたこともあり、注目されました。
官兵衛と名乗っていますが、一般には通称とされており、「黒田孝高(よしたか)」だったと言われています。
インターネットなどで「黒田官兵衛」と検索されても「黒田孝高」と出てきます。同じ人物です。
官兵衛は、戦国時代から江戸前期に活躍した軍師です。その優れた才能が、小国の大名でしかなかった官兵衛を秀吉付の軍師とし、秀吉の天下に反発する者たちの攻略や交渉などで活躍しました。
そんな官兵衛は、豊臣秀吉が恐れた男。ダークなイメージ。怖いイメージというものが強かったのです。
幼少期から軍法の本を読むのが好き、織田信長など世間はどうなっているのかという様子を聞くことも大好き。中国の過去の戦方法などを学んでいました。
その後の官兵衛の活躍を見ると、当然勉強していてもおかしくない話だと思います。

 

後の天下人・豊臣秀吉と出会った、青年期の官兵衛は秀吉を慕っていました。また秀吉も、官兵衛を慕っていました。
ですが、高松城水攻めや、中国大返し、小田原城攻略など、次々に案を出して勝ち取っていく官兵衛に、天下人でありながら、秀吉は恐怖を感じていくのです。
自分の死後、もしかしたら官兵衛が天下を取るかもしれないと言われた1人です。
ただ大河ドラマにより、人間味のある優しい軍師だったのではないかというイメージを持つ人も増えてきています。
史実にも、官兵衛の人の良さが分かるところが残っています。

 

戦国時代なら当たり前のように側室を持つ大名が多い中、正室である光のみを愛し続けて、側室は取りませんでした。
そのため、黒田家で生まれた男子は、長政だけでした。それでも、側室を取らない優しさ。本当に光を愛していたのだと思います。
そして家臣も、大切にしています。特に栗山利安と母里友信、井上之房など黒田二十四騎の結束は高かったと言われています。
小寺家に従っていた時期には、小寺の嫡男を人質に出せという命令を拒む小寺の代わりに、自分の嫡男を人質に出すという、忠義に厚い人です。

 

その仲間思いは家臣だけではなく、他の大名に対しても同じ思いを抱いていたと思います。
織田信長が生きていた時代、友人だった荒木村重が謀反を起こした際、説得するために、たった1人で有岡城に乗り込む。後に、幽閉されて1年後に開放されるという事件がありました。この時に片足に麻痺が残ってしまいました。
官兵衛は、何度も荒木に織田に戻るよう伝えます。荒木村重に自分の家臣になれと言われた時には、それは絶対しないという忠義を持った官兵衛。
その後、仲間のように接していた家臣たちに救われるというのも、黒田官兵衛は人ではなかったということが物語っていると思います。

 

そんな黒田官兵衛は、小さな国、播磨。播磨姫路城の主である職隆の嫡男として生まれます。しかし播磨は小さな国の集まりであり、それを取りまとめていたのが小寺家です。
職隆、そして官兵衛もまた、小寺家に仕える家老にすぎませんでした。そのため黒田家ではありますが「小寺」と名乗っていました。
織田信長が力をつけてきて、天下統一をするのではないかと播磨にも情報が伝わります。播磨の隣には同じく有力大名の毛利家がいました。毛利は、織田に仕える気はありません。
この時、毛利家に就くことを多くの家老が訴えますが、官兵衛は織田家に就くことを小寺に訴えます。
そして小寺ら小国は織田方へ。その時に、豊臣秀吉と運命の出会いを果たします。
一度は織田方へ就いた小寺でしたが、官兵衛の有岡城幽閉後、裏切ってしまいます。織田信長によって有岡城が陥落すると、官兵衛は救い出され、秀吉の元に。小寺家は滅亡してしまいます。
秀吉の信頼を経た官兵衛は、姫路城着請となり、秀吉の軍師になります。
信長さえも攻略できぬまま亡くなってしまった、高松城の水攻めによる攻略。小田原城の攻略などを秀吉に指南していく官兵衛。そして豊臣秀吉として、天下統一。関白殿下の地位を手に入れるのです。
官兵衛の緻密な策略に、秀吉は段々と恐怖を感じていくようになります。いつか、自分の立場を官兵衛に乗っ取られるのではないかと。そして遠ざけるために、九州の中津城への国替えを命じます。
秀吉の朝鮮遠征。九州から攻めるということで、拠点となったのが官兵衛の領地でした。当初は、有岡城に幽閉されていた時に片足が麻痺したことによって、朝鮮に渡っていなかった官兵衛。
しかし状況が不利と聞くと、仲間のために朝鮮に渡ります。

 

結局、秀吉の朝鮮出兵は失敗に終わります。この時、秀吉の側近であり官兵衛にライバル心を燃やしていた石田三成の策略により、官兵衛が責任を取らされることになります。
死をも覚悟した官兵衛は、頭を丸め、名も如水と改め秀吉の前に現れます。
そして九州に戻り、黒田家は嫡男の長政に任せます。
その後、秀吉の死を看取り、九州で隠居生活を送る如水。

 

天下は再びざわついていきます。徳川家康が豊臣家に代わって天下を狙い始めるのです。嫡男の長政は、家康に就きます。
しかし如水は夢としか思っていなかったことを、家臣と一緒に実現しようとします。『自分の力による天下統一』
関ケ原の戦いの混乱に応じ、九州から天下統一のため怒涛の勢いで戦い勝利を収める如水。この時53歳です。
しかし長く続くと思われた関ケ原の戦いが、1日で終わり、官兵衛の夢も潰えてしまいます。
関ケ原で家康が1日で勝ったきっかけを作ったのが、息子の長政。関ケ原の戦いの際、家康と握手が出来たと嬉しそうに報告する長政。
その時に最後に軍師としての言葉が出てきます。
「右手で握手していたとき、左手は何をしていたのか?何故左手で刺さなかったのか」
長政の功労を認めつつも、自分の手で天下を取れなかった悔しさがにじみ出た言葉だと思います。
晩年は、領地加壇などを提示されますが、全て自体し、隠居生活を送ります。
そして、京都伏見藩邸で59歳という年齢で死去します。

 

黒田官兵衛という人を語る上で1番印象に残るのは、中国大返しを決めるきっかけを作った官兵衛の言葉でした。
「殿、これで天下取りの道が開けましたな。今こそ天下を取るときにございます」
大河ドラマで岡田准一さんが演じたかった場面であり、それを演じたくて引き受けたという台詞です。
この時の岡田准一さんの目力の強さ、本当にこの場面を演じたいのだなというオーラが凄いシーン。
実際の官兵衛もそうだったのだと思います。
この官兵衛の言葉が、秀吉の心中を見透かす言葉であったこと。官兵衛には悪意がなかったものの、秀吉の心に残り、後に遠ざけるきっかけになってしまったからです。

 

もし黒田官兵衛という人物がいなかったら…。歴史に、こうだったらどうなっただろうという言葉は禁句にもなりますが、秀吉は天下統一していたのだろうか。
本能寺の変で織田信長が死去した時の秀吉は、パニックになったという説が多いです。当時、中国地方にいた秀吉は、6日間で京に戻るほどの機転が回っていたのだろうか。
その前にいた軍師、竹中半兵衛は早死にしてしまいます。
もしかしたら黒田官兵衛という軍師が、織田信長の話を聞き、興味を持つようにならなかったら秀吉の天下ではなく、名も出てこない人が天下を取っていたかもしれません。
そういう意味でも、秀吉にとって、軍師としての官兵衛の存在は大きかったと思います。

更新履歴