黒田官兵衛の家紋について

MENU

黒田官兵衛の家紋について

戦国大名として典型的な大名として黒田官兵衛を見ることができます。
黒田官兵衛というと、戦国時代の他の大名などと同様にそれぞれ生まれなどを同じにしていて、同様の出生をしたといった大名として考えられますが、戦国時代というと武士の倫理感などが変化した時代として、それぞれの時代にある特徴があり、武将というと古い時代からあった習慣ですが、それぞれの時々にあった武将の姿として考えられ、戦国時代となるとその特徴的な時代だでした。
時代によっては違いがあり、黒田官兵衛がいた時代には、それぞれ別々の武将といった人物像などによって見られる歴史的な登場人物の姿をみることができます。
黒田というと大変戦国時代から有名な家として今でも、江戸時代を通して重要な大名、国柄としてみることができますが、筑前国の当主として大名として世襲をすることになり、江戸時代を通しての、代表的な大名家でもあり、九州というとそうした土地柄にある、徳川家康や、その中央との関係でも同様の色彩がある。近畿地方や、関東地方と比べても、同様の立地にある大名としての姿をみることができます。

 

黒田というと、他に類がない家として、どんな出生を持っているか、戦国大名の起こりなどについては、いろいろな逸話があり、室町時代以降の武士の慣習として、それぞれの新しいしきたりや、習慣による武士の階級の登場を見ることになりましたが、武士の登場というと、それぞれ同様の考え方によっていて、古い時代の武士の倫理や、道徳と同様の土地勘、立地などにあったとおもいます。

 

黒田官兵衛も同様で、古い時代に依拠した武士として、家柄、階級なども他の武士家と同じような様子をしている。
他の戦国武将なども同様で、下克上の世で、天皇秩序を機軸とした、天下思想の中にあってその家系や、出自を同様にしていて、下克上というと、古い家柄によって守られた秩序を社会や、政治の場でのさまざまな争いといった形で、破り、新しい秩序によって統一史観など武将ごとにそれぞれ持っていて、それぞれの方法で国家統一をすることによる倫理感によって達成した、出世、下克上による秩序形成をして、武士というとそうした土地勘によって見られる新しい階級としての出現をした階級として、古い価値観によって階級によって守られた土地としての国をそれぞれの方法で統一することで支配し、やがては戦国時代を通して統一などの形で達成したとおもいます。

 

土地を代表することでやがては、新しい他の場面において力を持った武将として、戦国武将は、その後、戦国時代の終わりに江戸時代をはじめ武士の世を形成することができる国家思想、実効支配をすることができたとおもいます。
黒田官米兵衛というとその代表的な武将として、大変力を持った新しい秩序による武士の時代による大名、政治組織として考えられますが、武士というと、それぞれの価値観をもった文化性を持つ主体として、武士による統治の時代に代表的なさまざまな価値観を持って出現した文化の担い手といったことがあります。武士にはそれぞれ他の階級、階層とは異なる文化性の主体としての役割があり、武士によっては違いを持った土地柄などによる文化の担い手といったことがありました。
武士による文化の創造として、武家社会の出現などがありますが、家を統治することは、また、地域支配をすることと同じで、それぞれの家による支配体系を確立しました。
武士はそうした倫理を持って家を形成して、それぞれの家格による文化的支配をすることになりました。
家というとそれぞれの文化の主体で、家ごとに違った家紋や、しきたりをもっていて、武家の出現によって、他の家が担う文化とは異なる価値観を持った社会を形成し、黒田官兵衛というと家紋などを持った武士の家として、新しい階層にある家柄をもつ。それぞれ家紋などはその支配の仕方、政治観を代表する家統治の象徴としての家紋としての価値を持つとおもいます。