黒田家と関ケ原の戦いについて

MENU

黒田家が関ケ原の戦いの西軍に就かなかったのは?

石田三成といえば、豊臣秀吉の右腕とも言われた政治の面で支えました。
黒田官兵衛は、軍師として戦の面で秀吉を支え、中国大返しや小田原城攻めで天下統一を陰で成し遂げます。
2人とも知略を備え、決して表に出ようとせずに陰から支える。と、似ているところがあります。
そのため、石田三成は、別の分野とはいえ知略で秀吉に重宝される官兵衛に嫉妬心を持っていたのではと言われています。

 

黒田官兵衛は、小国播磨の姫路城に住む小寺家の家老。織田信長の台頭、昔からの古豪である毛利家の間に挟まれ、どちら側に就くか揉めた時、官兵衛が織田側に就くことを提案しました。
小さい時から軍法を勉強し、全国を回っている人から織田信長など、京の街の話を聞いていた官兵衛。勢いは、織田信長の方が凄いと判断したのです。
そして織田家に就き、秀吉の下で働くことになります。その働きは、天下統一へと導きました。
一方、石田三成は長男ではなかったため、北近江のお寺に預けられることになります。そこで勉学に励みます。
鷹狩で三成の寺に立ち寄った秀吉。ここで接客をしたのが、三成です。
「三杯の茶」を石田三成は、秀吉に出します。一杯目のお茶は、大きな茶碗にたっぷりぬるめのお茶を。喉が渇いていた秀吉は、熱くないお茶を気持ちよく飲み干しました。二杯目のお茶は少し熱めのお茶を半分。三杯目のお茶は味わってもらうために、小さな茶碗で熱々のお茶を出しました。
これを気に入った三成は、秀吉の世話係になります。
この時、官兵衛が人質に出していた黒田長政や、加藤清正、福島正則と出会い、一緒に秀吉と寧々の元で過ごします。
三成は、知力を活かして政治の面で秀吉を支えていきます。

 

幼い頃一緒に過ごした長政たちが、何故三成に反感を抱いたのか。
それは秀吉による朝鮮出兵です。
朝鮮の前線で戦う清正、正則、長政。最初は有利だった戦況が、徐々に不利に。
この状況を知った官兵衛が、朝鮮に赴き実際の状況を見て、撤退を秀吉に進言しますが、命令違反と秀吉は激怒。官兵衛は、死を覚悟し頭を丸め如水と名乗ります。
この時、実は三成が秀吉に官兵衛に不利な情報を流したという説もあります。

 

一方、息子の長政らは、必死に朝鮮で戦ってきたのに、武功がないのか。同じ秀吉の元で育ったはずなのに、三成の対応が冷たいことに怒りをため込んでいきます。
それが秀吉・前田利家が亡くなった後に「三成襲撃事件」として形に出てしまいます。1度は家康に匿われるも、隠居。
自分の守ってきた豊臣政権・秀頼を守るために、天下を狙う徳川家康と戦うために仲間を集めていきます。
かつて一緒に暮らしていたのに、三成への恨みと秀頼を立てて支えるという家康の言葉を信用してしまい、清正、正則は家康側に就きます。これに加え長政は、父親である官兵衛を隠居に追い込んだ恨みもあったでしょう。
関ケ原の戦い、直前に石田三成は、官兵衛に西軍に入ってくれと言われた説があります。
しかし官兵衛はどちら側にも就かず「自分の力で平和の世を作る」という最後の夢を追いかけて、九州で戦いを挑んでいました。

 

関ケ原の戦いは、徳川方の勝利。三成は、戦い当日に味方にも裏切りが起こり敗北してしまいます。
そんな三成は、本当に性格が悪かったのでしょうか。
大谷吉継という武将とは、仲良く親友と呼ばれていました。吉継が三成の性格を知ったうえで、良い付き合いが出来ていたと言われています。
規律を守る、真面目すぎる人。それが人には冷たく見え、裏切りを受けたのかもしれません。

わきがの対策についてはこちらでご紹介。わきが対策の人気クリーム